しらぼ、

松本真青がSFを書くとこうなる。

高畑裕太の逮捕に先駆けて物申す

 


先日、日本のメディアを衝撃が駆け抜けた。

23日未明、前橋市内のビジネスホテルで女性従業員に乱暴しけがをさせたとして、俳優の高畑裕太容疑者が逮捕された。

f:id:shirabo:20160827101444j:image

警察によると、ホテルの電話を使って女性従業員にアメニティの歯ブラシを自分の部屋に持ってくるよう依頼し、従業員が部屋の前まで来たところ、無理やり部屋に連れ込んだ。また、調べに対し「女性を見て欲求が抑えられなかった」と供述し、容疑を認めている。

事件があったホテルには、映画の撮影のため宿泊していて、部屋に入る前はスタッフと酒を飲んでいたと話しているということで、警察は、当時の状況を詳しく調べている。

(ニュース記事より抜粋)

 

僕はからっきしメディアとか見ないから、親子揃ってまぁ!なんて顎のしゃくれたやつだとくらいしか思っていなかったのだけれど、バラエティで人気を得ていたものだから、あらまぁ!(貴婦人声)しかも強姦だなんて!ってお茶の間でもなる訳ですよ。あんな好青年が!ってなる訳ですよ。逆にこれがグルメリポーターの彦摩呂くらいがホテルで「アメニティの宝石箱やぁ!」だと、ふーん。くらいで終わるものかもしれない。イメージが正統派だっただけにそのギャップが大きくてこれからの非難轟々は避けられないとおもう。

でもね、ちょっと待ってくださいよ、そんなメディアからなにから、みんなで叩くのはイジメですよ。せめてほんのちょっとでもいい、裕太の肩を持つ少数派が居てもいいのではないか、僕はそう思うんです。そりゃあ22歳のヤンチャ盛りな時期でもありますし、犯罪は犯罪だけども同じ男としてはどこか同情する部分もあるじゃないですか。電車に揺られるサラリーマンのお父さん方も心の中では一度や二度は目の前に吊革を掴んで立っているアメニティを求めるような妄想も繰り広げていた筈です。お父さん、分かるでしょ?

という訳で、今回の「先駆けて物申す」は前回の相武紗季さんに対する非難とは趣を変えてみます。

相武紗季の結婚に先駆けて物申す - しらぼ、(過去記事タグです)

様々な視点から事件の情状酌量を見つつ、メディアとしてのイメージアップも含めて裕太を擁護していこうと思います。このブログが高畑裕太の裁判に活用されることがあれば、より有利な裁判の流れが見込めるのではないか。という願いを込めます。
裕太、僕は味方だぞ。

 

1 高畑裕太はアメニティと間違ってしまったのではないか

 

まずは犯行当時の高畑裕太の行動を確認していこう。抜粋した記事にはこう書かれている。

女性従業員にアメニティの歯ブラシを自分の部屋に持ってくるよう依頼し…

そう、ここで挙げられる可能性としては、高畑裕太は女性従業員を歯ブラシと間違ってしまったのではないか。ということだ。
寝る前に歯をみがきたいなぁ。(みつを)しかし、部屋には歯ブラシがない。うーん、困ったどうしよう。辺りを見渡しても歯ブラシらしきものはどこにもない。そこでフロントに電話をかけて歯ブラシを持ってきてくれと頼んだ。だが歯ブラシが部屋に来るまでには時間が掛かる。あぁ歯ブラシ。歯ブラシ歯ブラシ。歯ブラシ歯ブラシ歯ブラシ歯ブラシ歯ブラシ歯ブラシ歯ブラシ歯ブラシ。もう頭の中は歯ブラシでいっぱい。そんな時に部屋のチャイムが鳴り響く。そーら、歯ブラシが来たぞう!と熱り立ってドアを開けたらそこには歯ブラシが立っていた!うおーりゃ!ぐおーりゃ!がおー!と歯を磨く高畑裕太。よし磨き終わったと思ったらよく見たら人間だった。という可能性。いや無理か。

いや諦めたら高畑裕太の擁護にならないので、可能性として考えると、強い幻覚作用のある高純度のアレとかソレとか吸ったか打ったかで歯ブラシと見間違えた、というのが有力だ。裕太、それは歯ブラシやない、人間や!

 

 

2 高畑裕太は実はそんなに悪いことをしていないのではないか

 

さて、1項目ではまずは高畑裕太の故意ではなく過失として充分に情状酌量を証言した。次は俳優としてのメディア上の評価とお茶の間のバラエティ復帰に向けた世の中のイメージアップを図る。

高畑裕太の犯行は刑法177条の強姦罪に当たる。刑期としては3年から最高20年というなかなかハードな犯行だ。ちなみに補足だが、強姦罪として成立するのは男性が女性を襲う場合のみで、女性が男性を襲う、又は男性が男性を襲う場合は強姦罪としてではなく、強制わいせつ罪になる。さらに、強姦と強姦未遂の違いは性行為が行われたかどうか、この一点に限る。「先っちょだけ」が強姦と強姦未遂のボーダーラインである。刑期や刑罰もおよそ半分になる。巷で援助交際ばかり勤しむお父さん、先っちょだけが命とりですよ。

 

ここまで高畑裕太の犯行を説明していくとハードな犯行に感じてしまう。これじゃあお茶の間でも高畑裕太がテレビに映ればチャンネルを変えられ、メディアに載れば「ああ、あの歯ブラシの人か」となってしまう。が、ちょっとまってほしい。世の中にはもっと残忍かつ凶悪な犯罪が溢れており、上には上の凶悪犯が渦巻いている。それに比べたら高畑裕太の犯行なんてなんてちっぽけなんだ!と思えるかもしれない。

 

という訳でdoor in the faceを活用してみる。日本語でいうところの譲歩的要請法だ。商法としては効果的な方法として知られており、無理な商材を提案した後に落とし所として条件の良い商材を提案する。すると、最初から提案するよりも購買意欲をそそるのだ。

 

f:id:shirabo:20160827101953j:image
ジェフリー・ライオネル・ダーマー(Jeffrey Lionel Dahmer、1960年5月21日-1994年11月28日)は、アメリカ合衆国の連続殺人犯。ミルウォーキーの食人鬼との異名を取る。1978年から1991年にかけて、主にオハイオ州ウィスコンシン州で17人の青少年を絞殺し、その後に死姦、死体切断、人肉食を行った。その突出した残虐行為は、1990年代初頭の全米を震撼させた。またこの事件では、ミルウォーキー警察当局の無能と、人種的および性的マイノリティに対する偏見がダーマーの蛮行を許したとして厳しく非難されることになった。

  

 f:id:shirabo:20160827101632j:image

セオドア・ロバート・バンディ(1946年11月24日 - 1989年1月24日)はアメリカの犯罪者、元死刑囚。

バンディは、1974年から1978年にかけて、全米でおびただしい数の若い女性を殺害した。被害者の正確な総数はわかっていないが、彼は10年間にわたる否認を続けた後、30人を超える殺人を犯したと自白している。彼は原型的なアメリカのシリアルキラーとして考察される。

残忍な殺人犯という一般的な評価に反し、しばしば知的でハンサムで愛嬌がある青年であったとも評される。また、日本のメディアにも題材として登場し、ハンサムで頭脳明晰なシリアルキラーとしてショッキングに扱われる。

 

f:id:shirabo:20160827102016j:image

アルバート・ハミルトン・フィッシュ(1870年5月19日 - 1936年1月16日)はアメリカの連続殺人者、食人者。「満月の狂人」(Moon Maniac)、「グレイマン」(Gray Man)、「ブルックリンの吸血鬼」(Brooklyn Vampire)などの異名で知られている。正確な数字は明らかではないが、多数の児童を暴行して殺害(1910年から1934年までに400人を殺したと自供)。肉を食べる目的で殺害された児童もいる。また、成人も殺害しているとされる。なお、「満月の狂人」という異名は、犯行が満月の日に行われたことが多かったことに因む。

アメリカ犯罪史上最悪の殺人鬼と呼ばれている。

 

f:id:shirabo:20160827101444j:image

高畑裕太

強姦一件。

 

ほら、全然悪くないぞ、裕太。

 

 

 

 

まとめ

 

1. 高畑裕太は薬物中毒だった。歯ブラシと女性を間違えるレベルで。

 

2. 性犯罪者の写真のコラージュを作ると、意外としっくりくる。

f:id:shirabo:20160827121714j:image

これはもう例えるならあれしかない。

性犯罪者の宝石箱やぁ!